医療レーザー脱毛にもデメリットはあるのかどうか

subpage1

医療レーザー脱毛にも、デメリットとなることはあります。


例えば、ほくろのある部分には、レーザー脱毛の照射ができません。


白い毛であったり、細くて弱々しい毛質などは、レーザーが反応しにくいです。些細なことかもしれませんが、これらは医療レーザーを受ける上での、デメリットになる点です。

医療レーザー脱毛というのは、照射時に放射するレーザーが、黒いメラニン色素に反応をします。

そのため日焼けしていたり、色黒な人であれば、ヤケドをするかもしれません。
肌にアザやほくろがある場合も、レーザー照射によって、ヤケドになる可能性があり、施術ができないことがあります。
それでもレーザー脱毛をしたいのであれば、最初にアザやホクロ除去の手術をして、それから脱毛をすることになります。ムダ毛といっても、すべての毛質が、太くて濃いわけではありません。


白髪の毛もあれば、細い毛もあります。レーザーは、太くて濃い色の毛には、反応がしやすいです。

しかし、色素が薄いとか、細い毛質の場合は、レーザーの光は反応しにくい傾向にあります。せっかくの照射も、光がうまく作用しないため、脱毛の効果にもつながりにくくなります。
弱々しくて、色素の薄いムダ毛に対し、レーザーでの照射をすることで、増毛化であったり、硬毛化といった症状が出てくるケースも考えられます。

ただ、この場合は、継続的に脱毛していけば、脱毛効果が出てくるケースが多いです。うぶ毛は苦手なレーザーですが、続けていけば脱毛効果は現れてきます。





【紹介リンク】⇒脱毛サロンの情報を確認できるサイトです。

人に言いたい美容

subpage2

30代になると、急にお化粧のノリがわるくなり、顔の色がくすんで見えることがありますが、どれだけ毛穴のケアをしたり、高価な美白化粧品を使っても効果がない場合は、思い切って顔脱毛を行うことをおすすめします。顔に生えている産毛は非常に細く、一本だけを見ると目立たないように見えますが、量が多いと肌の色を暗くしてしまうので、綺麗に取り除いた方が、肌の色を明るく見せることが出来ます。...

next

初心者向き美容

subpage3

永久脱毛は、脱毛施術が完了した後、半永久的に脱毛効果が持続するというものです。レーザー脱毛が行われるようになるまでは、医療用の電気針を使った針脱毛(電気脱毛)が唯一永久脱毛できる脱毛の施術方法だとされてきました。...

next

美容の常識

subpage4

ムダ毛の目立たないキレイな肌になるために、自分で処理している人は多いのではないでしょうか。カミソリや毛抜きなどを使用するのは手軽ですし、時間もかからず毛を目立たなくさせることができますが、キレイになったわけではなく皮膚は相当負担を受けています。...

next

納得の情報

subpage5

レーザー脱毛は医療機関の他、脱毛サロンなどでも受けることができると言われています。確かにエステサロンなどでもこのレーザー脱毛が受けられるところは増えてきていますが、実際のところ、医療機関に比べてその脱毛マシンのパワーが弱いので、その分脱毛効果を得られる率も幾分低くなってしまうのが現状です。...

next