レーザー脱毛は永久脱毛できるのでしようか

subpage01

永久脱毛は、脱毛施術が完了した後、半永久的に脱毛効果が持続するというものです。

レーザー脱毛が行われるようになるまでは、医療用の電気針を使った針脱毛(電気脱毛)が唯一永久脱毛できる脱毛の施術方法だとされてきました。この方法は、歴史も古く脱毛効果の検証もされていますので、信頼性は高いのですが、時間と費用がかかることや施術時の痛みが大きいなどの不利な点もあります。

ここで登場したのが、医療用のレーザーを使うレーザー脱毛です。
この方法は、脱毛部位にレーザーを照射するだけの施術時間もかからず、痛みも(多くの人が)我慢できる範囲のもので、今では針脱毛にかわって利用されています。
レーザー脱毛の概要は次のとおりです。

あらかじめ脱毛部位の毛を剃っておいて、そこにレーザー光を照射します。レーザー光が毛根のメラニン色素にあたると発熱します。


そして、この熱で毛根とその周りの毛の成長に関わる細胞を壊します。

これで永久脱毛ができるわけです。ただし、針脱毛と同様にレーザー脱毛でも施術は何回かにわけて行われます。

どうしてかといいますと、毛周期という毛の生え変わるサイクルがあるからです。


この方法による脱毛の施術で効果があるのは、成長期というサイクルにある毛に対してだけで、休止期や退行期にある毛には効果がありません。このようなことから、1回の施術では脱毛部位全ての毛の脱毛ができませんので、何回かの施術を繰り返す必要があります。


それでもレーザー脱毛は、1回の施術時間も短く、針脱毛に比べると費用もかかりませんので、多くの人が利用しています。